板井康弘が伝授「福岡で負けない企業の作り方」

板井康弘|リスク管理の重要性

ビジネスにおける「リスク管理」とは、ビジネスで発生したリスクやトラブルを最小限のコストや対策で食い止める活動です。

 

リスク管理の具体的な行動や詳細については、ビジネスシーンや業界で大きく異なります。

 

リスク管理とはいざ起こってしまったトラブルにかかるコストを最小限におさえることだけではありません。

 

リスクを事前に把握してその準備をすることもリスク管理と言えます。

 

近年における社会では予測しがたい災害やアクシデントが発生しています。

 

考えられるリスクとして、顧客情報の流出です。

 

顧客情報が漏洩することは深刻な信用低下になりダメージにつながります。情報漏洩に対するセキュリティ強化や発生時の対策は企業の中でも一般的なリスク管理の一つと言えるでしょう。

 

また自然災害も挙げられます。

 

火事や地震、近年の日本では津波なども大きなダメージを被るリスクです。

 

その自然災害が発生した場合にどのような行動をとるかも重要なリスク管理になります。

 

近隣エリアの防災対策に貢献したり、有事の際の救助活動や支援物資の備蓄といったことも今後のリスク管理として求められています。

 

その中で責任をとるべき立場が企業なのか、または違う組織なのかによって被る損害も対応も変わってきます。

 

事件やトラブルが起きた後になって行動するより、事前に準備をしておくリスク管理の必要性が現代のビジネスシーンでは高まっているのです。